困窮者緊急総合支援事業の活動実績

子ども支援---生活貧困世帯の子ども達の学習支援・居場所づくり

緊急事態宣言発令中は、学習支援を中止し、食品配布だけを行いました。
現在は、学習支援も再開し、原則月2回、ソーネホールで実施しています。
セカンドハーベスト名古屋(フードパンク)から食品を御提供いただき、フードパントリーを毎回実施しています。
わっぱの会のわっばん(動物パン)も配布しました。子ども達が、いろいろな動物パンを楽しそうに選びました。
コロナ感染拡大に伴い、個別のお弁当ではなく、手作りの炊き込みご飯をパック詰めして毎回配布しています。

学習支援のようす

外国人支援の活動状況